国内バイナリーに見切りをつける

国内バイナリーに見切りをつける

バイナリーオプション

バイナリーオプションを解説

バイナリーオプションを解説

バイナリーオプションの基本は上か下か、中か外かの二つに一つの選択となります。一般的には為替相場の通過ペアのどちらかに対して、開始時間の金額から、判定時間を経た後の終了時間の金額が上か下かを予測する取引です。他には、その金額が開始時間から、判定時間を経て、終了時間の金額が範囲内に納まっているかどうかを予測する取引もあります。

このように、バイナリーオプションは完全なる二者択一の取引となります。投資したお金は予測が当たれば、投資した金額にペイアウト率をかけた金額が払い戻されますが、予測が外れれば投資した金額は没収です。

この判定期間が数分ということで1日に何度でもオールオアナッシングの取引ができるということで日本国内では2013年に規制がかかり、短時間での連続取引はできなくなりました。現在の国内取引は判定期間が2時間以上と決められていますので実質1日に10回程度の取引回数となっています。

それとは対照的に海外取引業者ではそのような規制は対象外ですから、従来同様短時間での取引ができ、国内取引と比較してもかなりの活況を呈しているのです。このときの短時間取引というのは、60セカンズオプションのように60秒後の金額の上か下かを判定するものです。2時間ごとしか判定できない国内取引との差はいかんともしがたいものがあるのです。

copyright(C)国内バイナリーに見切りをつける