国内バイナリーに見切りをつける

勝つための最低限の知識とは?難しい?簡単?

勝つための最低限の知識とは?難しい?簡単?

勝つための最低限の知識とは?難しい?簡単?

ある程度投資の経験がある人でも、テクニカル分析となると拒絶反応を示す人も少なくないようです。しかし、その一方でまだ投資経験が豊富ではないにも関わらずかなりしっかりとした利益を出している人というのはみんな何かしら得意なテクニカル分析手法を身に着けているものです。

■テクニカル分析の概要

テクニカル分析とは相場の将来予測を行うためのものですが、全て統計的に過去の値動きを分析し、優位性があるものだけが生き残ってきました。つまり、予測が当たるから使う人が増える、使う人が多くなるから更に予測が当たる、といったように連鎖的に特定のテクニカル分析手法がどんどん的中率を高めていく傾向があるのです。つまりメジャーな分析手法ほどよく当たりますし、マスターするのも簡単なんですね。

しかし、そう言われても何を覚えれば良いのか最初は見当もつきませんよね。そこで今回は特別に「コレを覚えておけ!」という的中率がかなり高い手法を解説させて頂きたいと思います。

■相場の盛り上がり度から予測できるRSI

その手法とは・・・RSIというテクニカル分析です!RSIは相対力指数とも呼ばれ、相場の過熱感を計ることのできる「オシレーター系指標」の最も有名な分析手法なのです。過熱感をチェックして上昇し過ぎだと判断すれば下方向にポジションを取れば良いわけですし、逆に下落し過ぎだとわかれば上方向にトレードすることで勝率をアップさせられるわけです。

RSIの描画の仕方自体はテクニカル分析ツールがやってくれますので我々トレーダーはチャートの見方だけ理解しておけばOKです。これがRSIの場合はとっても簡単なんですよ。

RSIは売買のバランスをパーセンテージで表示してくれます。RSIのチャート上には0%から100%までの目盛りが打たれていて、上昇度が高ければ高いほど数字は高くなりますし、下落し過ぎれば逆に0%に近づいていきます。

トレードのチャンスとしては80%以上で過熱感ありと見て下方向に。逆に20%以下では悲壮感が強すぎるとして上方向にエントリーしましょう。やることはたったこれだけ。子供でもできそうですよね?

海外バイナリーで勝率をあげるにはまず逆張りの手法を身につけることが最低限必要です。RSIはそれを最も簡単に教えてくれる存在なのです。さあ、次回は更に一歩進んでトレンド系の手法を解説していきましょう。勝つためのテクニカル分析講座第二弾です!

copyright(C)国内バイナリーに見切りをつける