国内バイナリーに見切りをつける

国内と海外のバイナリーオプションを比較してみる

国内と海外のバイナリーオプションを比較してみる

バイナリーオプションの国内取引と海外取引を比較すると、その違いは連続取引ができるかどうかがもっとも大きなものとなります。国内業者では2013年に金融庁からの規制がかかり、それまでは1日に200回は取引ができていたのに判定時間が2時間以上となり、最大で12回となったのです。それまでの最小判定時間が5分という短期取引はできなくなりました。

取引の終了時間直前での購入は可能なので短期取引は可能ですが、それでも連続取引はできません。この規制によって、連続的に取り引きに挑み続けるといった事はできないですから、金融庁の思惑は現在のところ成功しているといえます。

いっぽうの海外のバイナリーオプションは規制が一切ありませんから従来のように短期取引さらには連続取引が可能です。日本語サイトを充実させている海外業者も増えてきました。口座開設がすぐにでき、お金を入金したら即刻取引が可能です。口座開設のボーナスキャンペーンを行なっている業者も多く、海外取引業者への不安を払拭させるサービスといえるでしょう。

出金時の手数料が高いことだけが唯一のデメリットといえますが、それも一括で出金をするようにすればデメリット部分も薄れます。他にはは、連続で取引ができるので、熱くなって挑み続けるということでお金を使い果たしていくということがないようにしなくてはいけません。

copyright(C)国内バイナリーに見切りをつける