国内バイナリーに見切りをつける

国内バイナリーの規制

国内バイナリーの規制

国内のバイナリーオプションは2009年に始まりましたが、最初は一部のFX取引の投資家が片手間でやっているようなものでした。それが2011年に日経新聞で紹介されてから人気に火が付き2012年にはものすごい数の取引となったのです。

元々ギャンブル生の高さが問題視されていましたから、2013年に規制が入ることになり、国内のバイナリーオプションの取引は下火になってしまったのです。人気のハイローオプションは禁止になりました。それまでは数分での判定時間で決済を行っていたのですが、それが判定時間が2時間以上となり、短時間での取引はできなくなりました。規制ではこれが一番大きい内容です。

他には総取りの禁止があります。これはレートがレンジ外になってしまうと予測が当たっていても業者の取り分となるのですがこれが廃止されたのは利用者にとってはメリットかもしれません。他では、新しく国内取引業者に口座開設をする際に問題が出されます。

これは注意を喚起するようなものではなく、「はい」か「いいえ」の試験問題です。回答率が低ければ口座開設ができませんし、きちんとした知識がないと解けない問題ですので、しっかりと勉強しておいた方いいです。FX取引をしていたような人であれば簡単な問題です。

copyright(C)国内バイナリーに見切りをつける