国内バイナリーに見切りをつける

国内バイナリーの取引ルール

国内バイナリーの取引ルール

国内と海外ではバイナリーオプションの取引ルールが違います。

海外ではハイローが基本とされていますが、国内ではラダーという取引ルールが主流となっています。国内でも規制が入る前はハイローが中心であったのですが、今では規制のお陰でハイローを採用しているところはゼロといっていいでしょう。

ラダーの取引ルールは銘柄を選んで上に行くか下に行くかを予想する点はハイローと同じなのですが、更にここからはどの数値まで行くかを予想することになります。基本的には元のレートから遠ければ遠いほどペイアウト倍率が高くなるものとなっています。もちろん高いということは的中確率が低いということになります。

おまけに近いとハイローに比べると倍率が低いことも多いため、ハイローに比べると予想がしにくい上に稼ぎにくいルールとなっているのです。そして更に問題として国内では1回取引すると一定時間は取引をすることができません。

その時間も結構な長時間となるため、そのために海外に比べると取引回数はかなり限られることになってしまいます。これらのルールがあるお陰で国内は海外に比べると利益を出しにくい環境になっているのです。一応ワンタッチやレンジと海外でも採用されているルールはあるのですが、これらは利用できる場面が限られているので、結局は同じことです。

copyright(C)国内バイナリーに見切りをつける